品名・型番

ラインセンサカメラ画像処理システム

 

特長・技術

シート状態(ガラス、フィルム、樹脂板)の欠陥検査
円柱形(ローラー、シャフト)の欠陥検査

 

高分解能

広い幅を高分解能で撮影できます。
一般的なエリアカメラ640~1600pixel、ラインセンサカメラ2048~7450pixel

 

高精度

エリアカメラと比較して照明のムラ、レンズの歪みの影響が小さく、再現性の高い均一な画像が得られます。

 

連続処理

連続して流れるワークの連続撮影・処理が出来ます。

 

基本原理

 

検査画面

 

画像比較(アルミ缶のバーコード)

エリアカメラ

丸みにより均一な照明反射が得られないため、全体的に濃淡のムラと歪みが生じます。

 

ラインセンサカメラ

全体的に濃淡のムラ、歪みがありません。画像処理に適した画像が得られます。

 

ラインセンサカメラ使用例

 

仕様

  標準タイプ 高分解能タイプ
撮像素子 モノクロラインCCD  
カメラ画素数[pixel] 2048 7450
素子長[mm] 28.672 35.015
スキャンレート[μs] 110 190
視野/分解能[mm/μm] レンズ倍率0.1 286 / 140 350 / 47
レンズ倍率2.0 14.3 / 7 17.5 / 2.3
搬送速度[m/min] 分解能10μ 5.5 3.2
分解能50μ 27.3 15.8
画像処理ユニット PCベース画像処理装置
照明ユニット 高輝度タイプLED照明

 

 

新着YouTubeビデオ
Problem retrieving videos from provider: Gone
タグクラウド