品名・型番

  • リードフレーム検査装置
  • IPD-LF-01
  • 高速カスタム画像処理装置

 

特長・技術

リードフレーム検査専用の画像処理装置です。 画像処理装置には自社開発したTY80を採用しました。カスタマイズ性に優れた本装置は、多様化が進むユーザーニーズに対応できるよう踏み込んだ検査ができます。また周辺機器との親和性も高く、現存のラインへの増設、他社の装置から置き換えなどにおいて柔軟に対応できます。

 

画像処理装置TY80-BOX

TY80は、高速RISCプロセッサと2つのFPGAを用いた画像処理装置です。 2つのFPGAは、画像入力、前処理、フィルタ、アルゴリズム等の画像処理をハード処理することができます。

 

 

  • 最大15ピッチ/秒に対応
  • 画像処理中に次の撮影(トリガ入力)が可能振動、衝撃でリールの送り速度が一瞬速くなってしまっても見逃しがありません。
  • 画像の部分読み取り
  • 画像処理装置2台で同期、計測結果の演算・合否判定パラメータの管理ができます。(上位コントローラ不要)
  • アナログ、デジタル(CameraLink)の両方に対応
  • 自由度の高い汎用I/O(DC24V)パッケージタイプの画像処理装置と異なり、自由にI/Oの割り当てをカスタマイズできます。プログラムで制御する こともできますので、周辺機器と通信、信号の受け渡しをするために小型PLCを用意する必要はありません。
  • 簡易コントローラー機能汎用I/Oでパルス入力タイプの自動ステージを動かすことができます。パルスを出力するためにコントローラやPLCを用意する必要はありません。

 

 

品質管理をサポート

計測結果をピッチ単位でデータとして残すことで、検査後のNGピッチの確認、成績表の作成が容易にできます。

  • 計測値、合否結果をCSVファイルで残すことができます。(画像処理装置内)
  • MicrosoftExcelに取り込むことができます。簡単に計測結果のレポート、グラフを作成できます。(外部パソコン)

 

仕様

  リードフレーム検査用
対応フレーム LED用、パワーIC用、ダイオード用など短冊、リール 形状問わず
フレーム条件※1 20~40mmまで
  厚さ 0.4~1.0mmまで
  ピッチ 5~10mm
  送り速度 3~7m/分 (リール to リール)
検査項目 曲がり、変形、心ズレピッチ、指定箇所間の測定外観検査(別途相談)
測定機器 TY-Techno製 画像処理装置 TY80-BOXモノクロ38万画素カメラ検査面、エリア数に応じて画像処理装置、カメラの台数は変わります。
検査精度※2 カメラ視野12.8×9.6mm分解能20μ 計測単位10μ (サブピクセル処理を適用)
検査時間 0.06~0.08 秒/ピッチ(外観検査は除く)
電源 単相AC100V
外形寸法 W:300 × D:230 × H:105
付属品 キーコントローラモニタ(別売り 市販のPC用液晶モニタが使えます。)

※1 フレーム幅40mm以上も対応できます。 ※2 ×0.5レンズ使用時の検査精度。

 

応用例

  • キャリアテープ
  • TABテープ
  • COFテープ

 

新着YouTubeビデオ
Problem retrieving videos from provider: Gone
タグクラウド